クレジットカード現金化の真実とは!?

現金化の手法は法律に抵触しないか確認して利用しよう

クレジットカードを現金化することは、カード会社の利用規約に抵触する行為ですが、必ずしも法律に引っ掛かるとは限りません。なぜなら、現金化を行なう際に違法行為が無ければ、法律違反とはならないからです。現金化業者の選び方次第で回避出来ることと知っておく必要があります。

買取方式は詐欺罪が成立するか法律違反

クレジットカードのショッピング枠を現金化するためには、特定の商品を購入する必要があります。買取方式では、古物商営業許可を持った現金化業者がすぐにその場で商品を買取ることが問題です。なぜなら、クレジットカードで購入した商品の所有権は、カード会社にあるので代金を払い終える前にカード会社の同意なしで買取に出すことは出来ないからです。カード会社は許諾を与えないので、他人所有物を勝手に転売することになるので、詐欺罪が成立してしまいます。

キャッシュバック方式は商品保管が必須

キャッシュバック方式では、現金化業者との間ではあくまでも商品購入取引が行われ、特典として現金キャッシュバックが受けられるに過ぎません。購入商品は自宅に後日配送されるので、代金の支払いをカード会社に終える迄保管しておき、払い終えた時点まで保管しておけば後は捨てても何ら問題ありません。カード会社へ代金の支払いが全て終わった時点で所有権が本人に渡るという点がポイントです。キャッシュバック方式ならば、法律の範囲内で取引が可能となります。

現金化を行なう手法を見抜いて利用しよう

同じクレジットカードを使った現金化であっても、利用する現金化業者次第では法律に反する買取方式の可能性が出てしまいます。安全に現金を手にするためには、取引の手順を確認してキャッシュバック方式と見抜いた上で利用することが望ましいです。

クレジットカード現金化の流れはどうなっているのか?

消費者金融から融資を受けようと思った人の中には消費者金融から融資を断られたという人もいるかと思います。
そういう人が利用を検討するのがクレジットカード現金化というサービスです。

ですがそういう人の中には消費者金融からの融資を断られたからクレジットカード現金化を使うと言っても
その融資の基本的な流れが気になるという人もいるかと思います。

クレジットカード現金化の基本的な流れとは

では、実際にクレジットカード現金化の基本的な流れはどうなるかというと
まずはクレジットカード現金化会社を探す事から始めます。

それでどこのクレジットカード現金化会社ならお得に融資を受ける事ができる見極めてから
どこから融資を受ける決めます。それで実際に利用するクレジットカード現金化会社から
クレジットカードを使って指定された商品を購入します。

それで購入した商品を購入金額よりも多少安い金額で買取をしてもらう事で融資を受ける事になります。

クレジットカード現金化のサービスの流れから利用は簡単か

では、実際にこのサービスの流れからクレジットカード現金化を使うのは簡単かというと
実際に利用してみると思った以上に簡単に利用できます。

なぜならクレジットカードを持っていてそのキャッシング枠を使えなくても
利用できるからです。

クレジットカード現金化はどういう人が利用すべきか

では実際にクレジットカード現金化を利用して融資を受ける人はどういう人が良いのかというと
すぐに融資を受ける必要があってクレジットカード現金化の基本的な流れに納得している人が利用すべきです。